>
素材の紹介

素材の紹介

 

 

 錆びることがありません。
金属製品と違い錆びることがないので、長期間の使用に耐えなければならない屋外サインやモニュメント、塩害対策を目的とした製品に最適です。

 

 本物よりも軽くて丈夫。
擬木製品は、本物そっくりなのに丈夫で腐らないうえ、見た目の1/10程度の重量です。経年劣化で風化したようなエイジング加工を施すことで、自然な状態を長く保つことができます。

 

  衝撃に強く、補修も容易。
プラスチック最大の衝撃強度をもつFRPは、石などが当たっても簡単に割れることはありません。たとえ破損しても全体に歪むことがありませんので、補修が部分的で容易です。

 強烈な直射日光や、台風の様な暴風雨、また積雪による重みなど、過酷な自然環境の中にあっても、FRPはその特性にほとんど変化がありません。
FRPならではの高い耐久性と耐候性で、後々まで安心して設置できます。

 

 

 

 

 

 FRPに関する性能・特性

FRP樹脂強度試験比較表

 

 

    単位 F.R.P.樹脂 アクリル板 硬質塩ビ板 試験法
 
比重
  1.50 1.20 1.35 ASTMD-792

衝撃強度
ft-lb/in 44 0.5 10 D-256
引張り強度
kg/mm2 15 5.6 40 D-638
曲げ強度
24 8.4 7 D-790
圧縮強度
27 7.7 5.6 D-695
引っ張弾性率
900 246 246 D-638
線膨張係数
ロックウェル M115 M80 M85 D-785


硬度
10-5/℃ 2.7 5 7 D-696
熱伝導度
10-4Cal/Sec/Cm2/℃ 2.4 4 3 C-177
比熱
Cal/℃/g 0.25 0.35 0.25 -
加熱変形温度
150 71 55 D-648




屈折率
ND 1.54 1.48 1.52 D-542
全光線透過率
% 87 - - -
平行光線透過率
% 64 - - -
拡散光線透過率
% 23 - - -
吸水率
% 0.2 0.3 0.1 D-570

 

 

       ■FRP積層板特性

試験項目
特性値 試験法
パーコル硬さ
48 JISK6919
吸水率(%)
0.15
引張り強さ(kg/mm)
13.0 JISK7113
JISK6911
引張り弾性率(〃)
908
曲げ強さ(〃)
19.2 JISK7203
JISK6911
曲げ弾性率(〃)
739

 

 使用ガラス繊維♯450 3ブライ ガラス含有率30%
バーメックN1.0%で室温硬化後40℃で16時間アフターキュアーを行った。

 

 ■耐食金塗装性能

試験項目 条件 結果
硬度
鉛筆硬度(三菱ユニ) 2H~3H
密着性
クロスカット(鉄板) 100/100
たわみ性
ユリクセン1/2R 8mm以上
屈曲性
2mm/180 異常なし
衝撃性
500g 50g 1/2R 異常なし
不粘着性
JIS-K-54cc 異常なし
塗面積m2/kg
m2 4
耐水性
トップコート6ヶ月浸漬 異常なし
耐ガソリン性
トップコート2ヶ月浸漬 異常なし
耐汚染性
トップコート40C24時間
トップコート40C24時間
黒インキ 異常なし
口 紅 異常なし
耐テープ性
トップコート50C24時間
トップコート50C24時間
トップコート50C24時間
紙テープ 異常なし
セロテープ 異常なし
絶縁テープ 異常なし
耐候性2年後
トップコート光沢保持率 83%

 

 

ウレタン樹脂

弊社で取扱うウレタン樹脂とは「コーティング用ウレタン樹脂」の事で2液硬化型、速硬化・無溶剤・低粘度液状ウレタン樹脂のことを指します。主に彫刻した発泡スチロールに吹付けコーティングすることで、造形物を強力な被膜でコーティングします。同程度の厚みのFRP製品と比較すると、強度の面でやや劣りますが、弾力性が高く破損しにくい製品でもあります。

 また、軟質素材の製品ではさらに弾力性に富むことから、保育施設やアミューズメントパーク等に最適で、フカフカの製品がケガ防止にも一役を担う材料です。